ホワイトデーについての雑学

バレンタインデーのお返しをする日としてすっかり定着したホワイトデーですが、その始まりは諸説あります。
一説には全国飴菓子工業協同組合によって、1980年に日本で誕生しました。バレンタインデーから1ヵ月後の3月14日に、「バレンタインデーのお返しとしてキャンディを送ろう」と、お菓子業界が「ホワイトデー」を設定しました。3月14日前後が、日本ではじめて飴が作られた日でもあるそうです。
また、福岡市のお菓子屋「石村万盛堂」が1978年に、「バレンタインのお返しとしてマシュマロを送る日」として「マシュマロデー」として売り出したのが始まりという説もあります。
共通していえるのは、「バレンタインデーのお礼としてお菓子を贈る日」として、日本のお菓子業界が考え出したということです。
日本文化が伝わって、一部の東アジア地域ではホワイトデーが見れますが、欧米にはっきりとホワイトデーという行事はありません。

なぜ「ホワイト」になったのかも諸説ありますが、全国飴菓子工業協同組合が「清純な愛」のイメージに合う「ホワイト」を使った、というのが有力のようです。

このような経緯で生まれたホワイトデーですから、贈り物としてお菓子が選ばれるのは当然です。このお菓子にも意味があるようですが、この贈り物のお菓子の意味はいつ誰が決めたのか、はっきりとはわかりません。
また、マシュマロやキャンディにはありますが、和菓子やケーキにはありません。また、マカロンなどの比較的新しいお菓子にもありません。
最近ではお菓子だけに留まらず、アクセサリーや花をプレゼントすることも増えてきています。
「お返しをする日」ですから、このような意味に捉われず、相手の好みのものを返すのがいいかもしれません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です